パースピレックスを手汗に使ってみた【手足用じゃないけど】

パースピレックス手汗に使ってみた結果は?

 

 

 

手がびしょびしょになるほどの手汗をかく私ですが、これでは手も繋げない・・・なんとかせねば!

 

と真剣に悩んでいました。そんなときに思いついたんです。

 

もともと有名制汗剤のパースピレックスをワキに使っていたのですが、もしかしてこれ(ワキ用)って・・・手汗にも使えるんじゃね?と。

 

パースピレックスと言えば、強烈なワキガ臭すら気にならなくなるほどの人気商品。しかも汗からケアしてくれるので、手汗に使うにはうってつけです。

 

びしょびしょの私の手汗vsパースピレックス(手足用でなくワキ用で)

 

というわけで!パースピレックスを手汗ケアに、実践してみることにしました。

 

【この記事には以下のことが書いてあります】

  • パースピレックスを手汗に使ってみた結果
  • 手足用ではなく、ワキ用でケアできる?
  • ワキ用と手足用の違いについて
  • 手汗に使うなら手足用がおススメな理由
  • パースピレックスが安い&正規品の販売店

 

パースピレックスを手汗に使ってみた件

パースピレックスでびしょびしょ手汗をなんとかしたい!

 

ということで、既に持っていて私の強力なワキ臭すらケアしてくれる、パースピレックス「ワキ用」。早速、パースピレックスを手汗に使ってみることにしたんです。

 

実はパースピレックスには手足用という種類もあるのですが、持っていないのでワキ用を使ってみることに(汗)。

 

後ほど詳しく解説しますが、手足用とワキ用は強さに違いがあります。しかし、中身的にはパースピレックスワキ用で手汗もケアできるのでは?と考えたんです。ワキ用でケアできれば、手足用はなおさら大丈夫でしょう。

 

早速、寝る前に手に塗っていきます。試しに右手のみ塗ってみました。

 

あとはそのまま就寝するとok。そして翌日。

 

パースピレックスを塗って翌日、手汗はどうだった?

翌朝、手を洗い流します。ちょっと変わっていますが、パースピレックスの使い方は前日に塗り翌日に洗い流すか綺麗に拭き取るんですね。

 

逆に日中や昼間は何もする必要がないので、個人的にはとても楽だと感じます。

 

そして日中の手汗はどうだったのか?

 

普段だとちょっと暑い中歩いただけで、手汗がびしょびしょ。もちろん、パースピレックスを塗っていない方の手は、既にびしょびしょです(汗)

 

ところが!?

 

はい、パースピレックスを塗った右手は・・・

 

サラサラをキープ!

 

ワキに使っていて知っていたとは言え、やはりケタ違いですね。

 

問題はワキ用を手汗に使っても、同様に満足できるのか?という点でした。結果的にはもう言うことなしの大満足!

 

ポイントになるのは、パースピレックスは臭いではなく汗からケアしてくれることです。なので、手汗対策にも使えたわけですね。

 

すでにパースピレックスワキ用を持っている人は、試しに手汗にも使ってみてください。

 

では、持っていない人は?

 

パースピレックスには「手足用」があるので、これから手汗に検討するのであれば手足用の方がメリットが多いです。もちろん手足用というように、足臭にも使えます。

 

手っ取り早く手足用が安い&正規品のページが知りたい人はこちらへ→

 

ワキ用と手汗用の違いを詳しく知りたい人は次の章を、値段や正規品について知りたい人は次の次の章を参考にしてみてください。

 

パースピレックスの種類の違いを詳しく

先に大まかにパースピレックスの種類の違いを言っておくと、

 

成分の濃度による強さ、容量、塗り方

 

の3つです。

 

手汗や足に使うのであれば、手足用がおススメなのですが、大雑把に理由を言っておくと、

 

ワキ用より濃度が高い、容量も多い、塗り方も手足向け

 

だからです。

 

詳しく種類の違いをチェックしてみましょう。

 

パースピレックスワキ用の特徴

ワキ用には敏感肌用、通常肌用、ストロングの3種類があり、名前の通り強さが違います。逆に弱いほど肌には優しくなりますね。

 

容量はそれぞれ20ml、塗り方はロールオンタイプで同じ内容になっています。

 

要は強さと優しさが違いですね。ワキ用が欲しい人は、好みで選んでみましょう。個人的には敏感肌用~通常肌用が断然おススメです。

 

パースピレックス手足用の特徴

手足用は1種類のみです。

 

ワキ用のストロングと同様の強さになっているので、内容的には強いですね。手足は皮膚が厚いので、肌への優しさを意識しなくても肌荒れする可能性は低いからです。

 

容量は100mlと断然多いし、ロールオンタイプのように肌につけない塗り方をします。

 

というわけで、手汗や足臭に使うのであればワキ用より手足用が理想的です。

 

手汗に使いたいなら手足用がベスト

私が手汗にワキ用を実践したように、もし既にワキ用を持っているのであればワキ用を使ってみるのもあり。実際、私もワキ用で満足できました。

 

ワキ用と手足用の特徴を比較すると、手汗に使う&新しく購入するのであれば手足用がオススメですね。

 

いずれも手汗に使えますが、一つだけ共通の注意点があります。

 

効果がない偽物ではなく、確実に正規品を購入すること

 

パースピレックスを買うときに、必ず押さえておきたい重要ポイントです。値段の比較、偽物と正規品について合わせて解説します。

 

こちらもチェック!⇒デトランスα(パースピレックス)は手汗に効かない?実践してみてわかったこと

 

パースピレックスの「正規品」を安く買う方法

パースピレックスは、日本だけでなく海外でもとても人気がある商品です。というか、もとは外国の方の強い体臭向け制汗剤ですから。

 

このパースピレックスの正規品を安く買うには?

 

結論から言ってしまうと、正規の輸入店、つまり公式サイト(ユーアップ)から購入することですね。

 

公式なら確実に正規品なのですが、実は値段が高い定価のページと安いキャンペーンページがあるので要注意。

 

値段差も大きいので、確実に安いキャンペーンページから購入しましょう。

 

公式の値段が高いページはいくら?

単品でも定期でも、値段が高いことが確認できます。しかも1本のみ。キャンペーンのページではいずれも2本です。

 

こちらはざっと飛ばして、もちろん購入は次の値段が安いページから。

 

値段が安いキャンペーンページ

 

【通常肌用と敏感肌用の2本】買切りで2900円

 

【通常肌用と敏感肌用の2本】定期で999円から

 

【手足用と通常肌用(ワキ)の2本】買切りで2900円か

 

 

買い切りでも定期でも、2本セットなのに断然安いですね♪

 

定期は特に安いですが、初めての人はひとまず単品がおススメです。気に入ったら定期も検討してみると良いですね♪

 

もちろん私も購入したのは公式サイトなので、偽物の心配なし。簡単に偽物の見分け方をチェックしてみましょう。

 

パースピレックスの偽物の見分け方まとめ

優秀なパースピレックスですが、偽物を使ってはそもそも意味がありません。見分け方を簡単に解説します。

 

【製造年月日とロットナンバー】
公式サイトでも、偽物の見分け方として掲載がある方法ですね。

 

私が公式から購入したパースピレックスは、しっかり確認することができます。

 

【正規品のパッケージ】
正規品ではしっかりしたパッケージに入っています。

 

【効果なし】

手っ取り早く使ってみて効果なしだと、偽物の可能性大。

 

パースピレックスが効かない、効かなかった・・・という場合、ほぼ原因は偽物ですね。本物のパースピレックスはとても優秀です。

 

何より偽物を買わないこと

購入した後に偽物を見分けるより、そもそも最初から正規品を購入することが大事です。

 

対策は簡単。公式サイトから購入することですね。

 

公式でも高い定価のページではなく、安い&2本のキャンペーンページからお得に正規品を。

 

 

タイトルとURLをコピーしました